スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンマのパスタ

イタリア研修にてイタリアのパスタの作り方を伝授してもらいました!
ポイントは生地を伸ばす時、
①お腹を使って固定!
②乾燥しないうちに伸ばす!
そして包丁で感覚で切っていきます。
機械を使わず、全て手作業なのがこだわりだそうです!
スポンサーサイト

ボローニャ風カツレツ‼️

こんにちは😃‼️イルボリートの若林です。
さて、今回ご紹介するのは当店の定番メニュー『ボローニャ風カツレツ』です。
カリッと揚げたカツレツを濃厚なクリームソースで煮る!
暖かい季節になってきたので、当店の自慢の微発泡ワインの『エミリアーナ』と合わせてみてはいかがでしょうか❓
お待ちしております😊

神楽坂イタリアン オリーブオイル

新入荷🆕!幻のオリーブオイル㊗️今日はエミリア ロマーニャのと~っても美味しいオリーブオイルのお話です!
皆さん!!
実はエミリア ロマーニャでもオリーブが産出されるって知ってました??
私達スタッフがいつも説明させて頂いているのでご存知の方も多いと思いますが、エミリア ロマーニャは酪農が盛んなので、油といえばバター、牛乳、生クリームが代表的です!
ただ南のロマーニャ地方に行くとごく少量ですがオリーブオイルを作っています💡
北のエミリア地方は山が多く寒暖の差が激しいのでオリーブは育ちませんが、南のロマーニャ地方は年間の寒暖の差が少ないのでオリーブの木が育つんです!
ただシチリアやトスカーナなどに比べると量が多くないのでそんなに日本に入って来ないです😭
生産してる人が自家消費で使い切ってしまうのでなかなか販売にまでいたら無いんです!
そんなロマーニャ地方からあの我らがエミリアロマーニャの兄貴的兼師匠兼インポーターのディスコイタリア山脇さんが
美味しいオリーブオイルを入れてくれました😆
その名も「valle delle lepri 」エミリアロマーニャで1番海に近い県、リミニの造り手さんです!
オリーブの木は50年代に現当主のお父様が植え樹齢60年以上の物、ブドウと同じでオリーブも樹齢が高くなればその味、風味が増していきます🆙
その美味しいオリーブを収穫後直ぐに遠心分離しながら優しく油を抽出するので全然嫌なエグミがないんです😳
ギューっと機械で押し潰したりしない。。
出来るだけオリーブの実にストレスをかけないように抽出します!
香りは南イタリアのフルーティさと北イタリアの青臭さを併せ持つCorreggioloとleccinoという品種をブレンド!
ただシンプルにパンにつけても、サラダやチーズにかけても犯罪的な美味しさです✨✨✨
是非ロマーニャ地方のワインと合わせに来てくださーい!!

ボッリートの休日 マンマのイタリア食堂編🇮🇹

~とあるボッリートスタッフの休日~
こんにちは!イルボッリートの杉山です🙋
staffみんなで長本さん講師による
🇮🇹「~ マンマのイタリア食堂~」🇮🇹へ参加させて頂きました❗️
~マンマのイタリア食堂とは~❓
イタリア料理を通してイタリアの文化歴史を見ていく講座
最後には長本さんのイタリア料理が振る舞われます🤗
この講習会を知ったのは「イタリア好き」の編集長❗️
「イタリアのことなら俺よりも長本さんの方が詳しいよ」
その一言がきっかけで参加する事に…🙆💕
長本さんは長年イタリア各地に足を運び、自分で見て感じた事を
イタリア料理を通じて、たくさんの人にイタリアの魅力を伝える活動をしている 情熱溢れるお方‼️

今回参加している方は
飲食の方もいれば主婦の方、さらには農業の方と様々❗️
食事の前にはモニターを使っての講習を受け
イタリア料理には貴族の料理と民衆の料理の
2つの分類があることを知りました!  
結果だけでなく、
なぜその料理ができたのか…詳しく教えてくれるので
なるほど! っと体にスッ と染み込んでいく感覚がまた面白い‼️
すごーく勉強になり、刺激いっぱい受けて来ました❗️🙌
立食式で色んな人とお話して輪が広がりました♪
もっと詳し知りたい❗️というマニアックなお客様!
是非スタッフまで👩‍🍳💕
もしくはみなさんもマンマのイタリア食堂 参加してみて下さい‼️

ラザニア 神楽坂 イタリアン

こんにちは😃
寒いっ😵!!ほんと~に寒いっ!!
こんなに寒いとあったか~い料理が食べたくなりますよね?
きっと皆さんご家庭でも鍋料理など召し上がっているのではないでしょうか??
実際イルボッリートの賄いでも最近は温かい汁物が必ず付くようになりました笑
寒いこの季節にイルボッリートにも鍋料理が登場っ!!✨
でもこれ、ただの鍋料理じゃあありません😎
その名もッ!
「ラザニアァッッッ!!!」🔥🔥
YES!
そーですっ!
鍋料理じゃないです👍
でも、遥か昔は鍋料理だったんです!
ラザニアの語源を調べてみると2つの名前が出てきます!ラテン語のラガヌムと古代ギリシャ語のラガノン、
これは両方とも意味は「壺」なんです!
薄く延ばした生地と小さく切ったお肉、ソースを交互に浅い壺のようなもの(鍋)に重ねて火を入れていく。。
エミリア ロマーニャは昔から軟質小麦と牛肉の産地。。。手打ちの卵入り麺に、ミートソースが合体するのは必然的だったのかも知れません!💡
当店のラザニアは信長シェフが考案した「存在感のあるラザニア」
ゴロゴロっとした牛挽肉のソースと、
通常のラザニア生地の5倍厚い食べ応えのある食感!
他のお店が作っているようなラザニアは作りたくないっ!
そんな信長シェフの気合が感じられます💪
アッツアツのそんな(元)鍋料理。
皆さん召し上がりに来てください!

お店の紹介

飯田橋駅から徒歩5分。神楽坂駅から徒歩10分。
イタリア北東部に位置する『 エミリア-ロマーニャ州 』
プロシュット(生ハム)などの肉加工品、パルミジャーノ・レッジャーノチーズバルサミコ酢などの有名な特産品、ボロネーゼのパスタで有名な土地です。東のアドリア海ではウナギやハマグリの水揚げも有名です。




162-0827
東京都新宿区若宮町 5
TEL:03-3235-3225

営業時間:17:00-26:00 火~金
     15:00-24:00 土・日

定休日:月曜
WEB:www.il-bollito.com

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。