イタリア研修旅行 レストラン編part1

当店の看板料理「ボッリート」が大、大、大好きなお客様!必見です!
これまでは研修旅行中にお会いしたワインの造り手さんの紹介をしてきましたが、
ここからは旅行中に行ったレストランのお話です😁
当店がなぜIL BOLLITOという名前になったのか皆さんはご存知でしたか?
私達のお店の名前にもなり、看板料理でもある茹で肉BOLLITO(ボッリート)、
その名前の由来になった元祖ボッリートのお店Reggio Emilia にあるristorante canossa に行って来ました!
約2年ぶりの再訪です😁
ボッリートを現地で初めて食べたのがお店がまだオープンする前の2013年の11月、当時まだお店の名前や、どういう方向性で行くかも決まってない時に、初めて食べたこの土地の名物料理に感動して出来たのが当店の看板料理"ボッリート"。

メインの茹で肉はもちろん美味しいのですが、このお店は別添えで出てくるソースも美味しい!
ソースがたっぷり出てくるので思いっきりつけて食べるとハンパなーーーい笑!!

色んなソースが何種類も出てくるので、茹で肉の種類に合わせて色々と試したり、
2種類混ぜてみたり味の広がりが無限大なんです😊

この記事を見たお客様!
ぜひ元祖canossaスタイルでボッリート注文して見て下さい!

動物好きな造り手 ロベルトのワイナリーQuarticello 

動物好きな皆さん!そして馬好きの皆さん、ガチョウ好き、犬好き、猫好き.......訳わからん事言ってすいません(笑) いえいえ意味があるんです! 馬1頭、犬3匹、猫、ガチョウ、ヤギ、にわとりなどを庭で飼っている造り手Mr.ロベルトのワイナリーのお話です!
元々生物学に興味があり学んでいましたが、良い仕事が見つからず、、、ある日ぶどう畑の手伝いをした時からはまってしまい、好きが高じて造り手になったそうです!

設立間もない、2007年からワインをリリース。ロベルトが1人で切り盛りしてるワイナリーです。小さいワイナリーだからこそ出来る有機、無農薬の栽培方法に徹しています。190cmの大柄な体格ですが、性格は優しく、多くを語らない無口な印象、可愛いお子さんもいる2児のパパです。動物を愛し、自然を愛し、家族を愛しているロベルトのワイン!うっとりです。 


酸がキリッと効いている微炭酸のシュワ白ワインとサラミ、フォカッチャ、チッチョリとのアッベナメント!合います合います!お店で是非とも合わせてください!

自然へのこだわり!Al di l`a del Fiume!

せっかくなら、情熱の込もったワイン飲みませんか??
大竹おすすめNo.1ワイナリーです!!最近、メニューに載ってるワイン、ほとんど飲んじゃったよー。なんて方!オススメです!!
 
まずはじめに…
ここのワイナリーのワイン、毎年味が違います!!
色も香りも味わいも!!
…でも、考えてみてください!
毎年ブドウの出来が違うから、毎年ワインの味も違う。
その年のブドウの味わいを楽しむ!!!
…異論なしですッ!!
造り方も、収穫した🍇ブドウを🏺アンフォラに入れ、最低限の手助けをするだけ!!
強いブドウだから、添加物も要りません!
つまり、工業的に大量に作られたものではないのです!
 
ガブリエーレの造るワイン。
こだわりのあまり、ほぼ1人で手掛けます!
  話を聞いて、ワインを飲んで、グッときてしまいました。皆さんにも、ぜひ飲んでもらいたい!
私、大竹がお出しするワインに偏りが出るかもです。笑
 
覚えずらいですが、「アル・ディ・ラ・デル・フィウーメ」
ぜひご注文してください!!🍷
もう一度言いますよ!『アル・ディ・ラ・デル・フィウーメ』ですからね!!

2016年イタリア研修旅行!再開と出会い!

イル ボッリート staff 無事帰国しました!ずばり今回の旅は「再開」と「出会い」
の旅でした。
再訪問のワイナリーが3軒、初めて訪問するワイナリーが5軒!うーんどれも思い出深く、再開した造り手はもちろんハグから始まり、過ぎる時間はあっという間😂「また来年も来るよ!」と言うメッセージを残し泣く泣く帰宅しました。

新しいワイナリーはと言うと、、、これまた素晴らしい!それぞれの造り手の考え方でワインを造っており、一貫して感じたものは、「伝統を重んじる心」「リスクを恐れない強い気持ち」! もう一言では語れません😅
それとそれと皆さん本当に良い人!人類みな兄弟、言葉が通じなくとも、造り手のもともと持っている人間性、優しさに触れる事が出来ました!

We love Emilia-Romagna ! これからも伝えていきます!あなた達の事を!これからもよろしくお願いします😄  
通常営業は23(水)17:00~
お待ちしてます。
PS.常連のお客様、お手柔らかにお願いします(笑)

夢を叶えたIl Farneto!!

いつもイル ボッリートの料理、ワインを楽しんで下さっているお客様‼必見です‼
今回訪れたのはil farnetoさんという造り手‼ 私達にとって初訪問ワイナリーです\(^o^)/
とてもワクワクします!いつもどんな造り手に会えるのか楽しみです‼
このワイナリーは元々測量機の会社を営んでいたマルコ氏が2000年にレッジヨ近郊の町に土地を買い、地元で愛されてある地ブドウを植樹し、一代で始めた、とてもバイタリティー溢れる情熱的な造り手さんです‼
すごいですよね⁉幼い頃からの夢である「自然に触れた仕事がしたい」という夢を叶え、イタリア人にとって大切な食文化やワインに携わる気持ちを実現させているのですから‼
もちろん自然第一‼有機無農薬で作業は全て手作業です!かなりこだわってます(^^)
そして彼らのワイン全てに共通しているのは豊富な酸味と純粋な果実味です!
もうイル ボッリートの料理に合わない訳ありません‼間違いなくワイン、料理止まらなくなります(^^)d
待ちきれないですよね⁉
このil farnetoのワインと当店自慢の料理をご用意して、ぜひご来店お待ちしてます‼

男兄弟のca de noci!!

イルボッリートの兄弟姉妹のいるお客様にぜひ飲んで頂きたい!今年も巡礼に来ました!
男兄弟のgiovanniとalbertoのワイナリーca de noci!!
私達が毎年訪れているワイナリーです!
この兄弟はより良いワインのために常に新しい事を追求しつつも、
この土地の伝統的なバルサミコ酢やクルミのリキュールなども守り続けている造り手さんです😁
"伝統と革新"この二つの情熱をワインに込めて自分たちの美味しいと思った物を作っています!
本当にすごいんです!何を質問しても必ず返答が来ます!全てにおいて考え尽くされています!
特にボッリート年長組みと同年代なので、毎年メチャメチャ刺激もらいます!
もうワイナリーじゃなくてパワースポットみたい(笑)
皆さんはワインと食事を合わせる時に一番何を重要視しますか?
ca de nociの兄弟が重要視するのはワインの爽やかな酸味です!
この爽やかな酸味がこの土地のバターやチーズを使ってしっかりとした料理をサッパリと流してくれて、料理をどんどん食べ進めてくれるんです!ヤバイです!!

食べ過ぎ飲み過ぎ注意報でちゃいます😅
今回もワインに合わせて有機無農薬の食材を使った料理を出してもらい、結構量があったのですがスタッフ一同完食でした😁
やっぱり料理とワインがバッチリ合わさると最高ですよねー!
あぁ!皆さんにもこの感動お伝えしたいッッ!
ca de nociのワインに合う料理、ご用意してお待ちしてまーす!

赤ワイン好きな方へ!

アマローネってご存知ですか??🍷ヴェネト州の陰干しして造る辛口赤ワイン。
エミリアロマーニャにはないですが、負けていません!!赤ワインお好きな方必見!
さぁ、やってきました、初訪問ワイナリーです、
この味わいに虜になってしまうお客様も多い、Cardinari!!
姉弟が中心となってワイン造りをしているワイナリー。
とっっっっっても小規模です!
だって、自分で見きれなくなっちゃうからってブドウ畑減らしちゃうんですもの。
収穫量を増やすのではなく、2年後もしっかりとブドウがなるようにと、木の健康を大切にしてます!🍇
"こだわりようが半端ない!”
ワインは勿論、どれも美味ーーーい!!!いや、美味しくないわけがないですよね??
弟アルベルトの情熱、姉ラウラのワインをみんなで楽しもう!という気持ちがワインの味わいにも出ているんじゃないかなーと感じました!
さらに大好きになってしまいました!!早く皆さんにご紹介したいッ!!
勿論、口だけではありませんよ!
🎁OMIYAGE🎁しっかりあります。😋
再訪間違いなしだね!来年はアグリトゥーリズモに宿泊決定です!

同い年の造り手 ピアチェンツァ県 Crociマッシミリアーノ のワイン

いつもイイねを押してもらってる皆様!ありがとうございます*\(^o^)/*この記事を見ているあなただけにお知らせです!
今回はワインの造り手Croci(クローチ)のお話です!
私達が初めて訪れる造り手!心踊らせます!!
2代目当主マッシミリアーノが造る昔ながらのワイナリーです。このマッシミリアーノは本当にすごいんです!  

毎年出来るぶどうは自然のもの。天候も違えば、気温も違う。だからこそ毎年のワインの味は違くて良い!自然と共にぶどうを育て、自然の酵母とぶどうの甘みを自然の気温に任せてワインを造る。
「もちろんお酢になっちゃった時もあったよ!ビジネス的なリスクは高いけどそれで良いんだよ!」😅まじでーーーーー。😅

その考え、精神、リスクを恐れない勇気!小さいワイナリーにも関わらず、攻めの姿勢に胸が熱くなりました😊 私と同年代の35歳!古き良き時代の考えを守りつつも、今現代の流れにマッチさせてワイナリーを存続させている!
うーーーーーん!すごい!マッシミリアーノ!
そのマッシミリアーノのが造るすごすぎるデザートワイン!購入しましたよ!ご来店時お裾分けしますね!

楽しみにしてくださいね( ̄^ ̄)ゞ

LaStoppa!!

いつもイル ボッリートのワインを愛してやまないお客様へ‼ついに行って参りました‼当店でも不動の人気を誇るAgenoの造り手La Stoppaさんです‼✨
今回初のイタリア研修旅行に参加の私、佐藤にとってはかなり楽しみで、ドキドキしております‼
なぜなら、La StoppaさんのAgenoを初めて飲んだ時はとても衝撃的だったからですΣ( ゚Д゚)
香りは甘く華やかなのに、しっかりとした渋み、辛口でかつ酸味もあり、ものすごいインパクトでしたε=ε=(ノ≧∇≦)ノ
そしてそんなLaStoppaさんはピアチェンツァの北西、小高い丘にあり、エミリア ロマーニャ、ピエモンテ、ロンバルディアの3つの文化が入り混じった土地で、
土着品種を使い、昔ながらの伝統的な製法をされている造り手さんです✨
そして今回特に印象に残った事は、その土地の個性やブドウ自体の素材の能力を最大限に活かしているという事です‼
とてもその土地を大事にしているというか、郷土愛を感じますよね⁉
素晴らしいんです‼
というかこの想い!とても文章では伝えきれません‼
帰国したら是非お店に入らして下さい‼
ワイン片手に語り合いましょう‼✨
もちろん日本未入荷のデザートワインなどのお土産も入手しましたp(^^)q
お土産やイタリアでの話など沢山ご用意しておくので、是非ご来店お待ちしております‼

エミリアロマーニャ最初の訪問先ルセンティ!

いつもボッリートの料理を愛して頂いているお客様!熱い熱い研修旅行第一日目がやってまいりました( ̄^ ̄)ゞ
1日目はエミリアロマーニャ州ピアツェンツァ県の造り手ルセンティさんのところへ、
こちらではルセンティさんのワインと共にこの土地ピアツェンツァの料理も頂きました!
エミリアロマーニャ州は各県ごとに本当に本当に料理の個性が強いですが、
ピアツェンツァは特に北のピエモンテ、ロンバルディア、リグーリアの文化が入り混じり、
料理が個性的なんです(^^)
なので今回は昼食のリクエストに
シェフ浅野のピアツェンツァ料理の師匠マウリッツォに作ってもらえるようお願いしました!
師匠マウリッツォはこの土地で生まれた生粋のピアツェンツァ人なので、彼の作る料理はどれも本物の味がする!美味しい!ハッピー!!イヤーッッホゥ!(≧∇≦)
。。。。。。すいません。
ちょっと興奮してしまいました(;^_^A
皆さんはピアツェンツァ料理って言ってもどんなものかわかりませんよね?
サラミや生ハムと食べるヴォルテッリーナ、豚肉の細く切って揚げてフォカッチャに詰めたパンのキッショーラ、チーズを詰めたラビオリのトルテッリ。。。。なんだかよくわからない言葉が多いですねσ(^_^;)
帰国したら師匠マウリッツォから学んだピアツェンツァ料理を頑張って再現します!
その時は是非ぜひ!
ルセンティのワインと合わせて下さいね!
お待ちしております!
iPadから送信z

お店の紹介

飯田橋駅から徒歩5分。神楽坂駅から徒歩10分。
イタリア北東部に位置する『 エミリア-ロマーニャ州 』
プロシュット(生ハム)などの肉加工品、パルミジャーノ・レッジャーノチーズバルサミコ酢などの有名な特産品、ボロネーゼのパスタで有名な土地です。東のアドリア海ではウナギやハマグリの水揚げも有名です。




162-0827
東京都新宿区若宮町 5
TEL:03-3235-3225

営業時間:17:00-26:00 火~金
     15:00-24:00 土・日

定休日:月曜
WEB:www.il-bollito.com

月別アーカイブ