「エミリア ロマーニャ州の郷土料理の考察」その5.5 カルパッチョ、タルタル、肉?魚?

神楽坂 美食の街 エミリア ロマーニャ州 イル ボッリートのシェフの浅野です。

前回のお話の続き。

カルパッチョがヴェネチア生まれで最初は牛肉で始まり、その赤い色のから画家のヴィットーレ・カルパッチョから名付けられたところまでご説明しました。
では、次はタルタルステーキのお話。

由来は13世紀頃に繁栄を極めたモンゴル帝国のタタール人が硬い馬の肉を刀で細かく切って食べていたのを、
当時の東ヨーロッパの人達が、蛮族風タルタルステーキと名付け、牛肉を使って作ったのが始まりなんだとか。


蛮族風って、確かに生のお肉ってワイルドな感じしますよね。。。。。
でも実はイタリア、特にエミリア ロマーニャを含め北イタリアでは生肉を食べる習慣ってこの料理が生まれる大昔前からあるんです!!

3世紀位にローマ帝国が東と西の二つに分裂し、4世紀に西ローマ帝国の滅亡の原因となったゲルマン民族は狩猟民族で、この民族から肉食文化がイタリアに入ってきたそうです。
当時ゲルマン民族の間では、肉は力の象徴として丸ごと焼いて食べたり、生で食べることもあったそうで、結構昔から生肉を食べる習慣がイタリアにはあって、そこにタルタルステーキの作り方が乗っかって今の形になったというのが、僕の見解です。

また長くなりましたが、当店では北イタリア産の馬肉を使ったタルタルステーキをご用意しています!!
こちらも歴史のある料理です!
一度お試しください!

コメント

非公開コメント

お店の紹介

飯田橋駅から徒歩5分。神楽坂駅から徒歩10分。
イタリア北東部に位置する『 エミリア-ロマーニャ州 』
プロシュット(生ハム)などの肉加工品、パルミジャーノ・レッジャーノチーズバルサミコ酢などの有名な特産品、ボロネーゼのパスタで有名な土地です。東のアドリア海ではウナギやハマグリの水揚げも有名です。




162-0827
東京都新宿区若宮町 5
TEL:03-3235-3225

営業時間:17:00-26:00 火~金
     15:00-24:00 土・日

定休日:月曜
WEB:www.il-bollito.com

月別アーカイブ