神楽坂 イタリアン トリッパ

こんにちは😃最近はヴィナイオッティマーナのお話が多かったですが、今回はお話をいつもの感じに戻して11月の初めからスタートして新メニューから🙌
皆さんはどこかお店に入った時に、トリッパ又はハチノスの煮込みって食べますか??
もちろん好き嫌いはあると思いますが、イタリアというか、ヨーロッパ各地で伝統的なトリッパ料理があるくらい海の向こうでは身近な食材です🐮
でも日本で食べるトリッパって意外とトマトソースで煮込んだ物が多いんです🍅
もちろんエミリア ロマーニャでもトリッパのトマト煮込みは一般的。
「パルミジャーノ風」と書いてあればパルミジャーノ レッジャーノチーズがたっぷり入ったトリッパのトマト煮込み。
「ヴィツェンツァ風」と書いてあればバターが入ったトリッパのトマト煮込みってな感じです。
でも現地で食べたいくつかのトリッパの煮込みの中で唯一違うのがロマーニャ地方のフォルリ・チェゼーナ県にあったんです!
それはトマトを入れずに(入れても生のざく切りがほんの少し、色が赤くなるほどではない。)野菜の旨味、甘味とチーズの塩気と旨味だけで美味しく持っていくトリッパの煮込み。
現地で食べて感動したのを覚えています✨
理由を聞くと👂
「今から約200年前はイタリアにトマトはなかった。
でもトリッパ料理はもっと昔からあった。
だからウチでは伝統的な作り方でトマトを入れないんだ。」と。。。
なるほどー!💡
確かに食用トマトが開発されたのは18世紀、
トリッパ等牛モツ類の名前はラテン語起源の物もありますからねー。。
勉強になります🤔
ボッリートではそんなトリッパを大量の香味野菜と肉の出汁と共にじっくり煮込んで味を煮含ませています🤤
そしてあえてトリッパ自体は細く小さく切らず、大ぶりのまま自分でナイフで切ってかぶりついてもらう。
上にかけたチーズの旨味と塩気、野菜の甘みと複雑み、大ぶりだが柔らかく煮込まれたトリッパのぷりぷりクニュクニュ食感🤤🤤
これは絶対ボッリートの定番のオレンジワインで合わせたらたまんないんでしょうね笑
寒くなって来たし、
良かったらそんなあったまる煮込み料理とオレンジワインを合わせたらいかがでしょうかー??

コメント

非公開コメント

お店の紹介

飯田橋駅から徒歩5分。神楽坂駅から徒歩10分。
イタリア北東部に位置する『 エミリア-ロマーニャ州 』
プロシュット(生ハム)などの肉加工品、パルミジャーノ・レッジャーノチーズバルサミコ酢などの有名な特産品、ボロネーゼのパスタで有名な土地です。東のアドリア海ではウナギやハマグリの水揚げも有名です。




162-0827
東京都新宿区若宮町 5
TEL:03-3235-3225

営業時間:17:00-26:00 火~金
     15:00-24:00 土・日

定休日:月曜
WEB:www.il-bollito.com

月別アーカイブ